東京ディズニーシー アトラクション評価 その5

どうもメエプルです。今回は、アラビアンコーストを評価していきます。アラジンをメインとしたエリアで、アラビアンナイトの世界が再現されています。

マジックランプシアター

・評価:S

・オープン日:2001年9月4日~

・提供:富士フィルム株式会社

ファストパス対象

マジックを見ることができるシアタータイプのアトラクション。3D映画と実際の人間が融合した珍しいタイプのアトラクションでありディズニーシーのシアターはランドよりもクオリティが高いことを見せつけている。シアター系の宿命である飽きだが、このアトラクションはまだまだ人気が高く、混雑日はファストパスが必要かもしれない。普段はファストパスなんていらないけど。内容を変更していないシアター系の中ではカントリーベアの次に古いアトラクションであり、人が演じているショーの中では最古のショーでもある。2021年に20周年を迎えるのでそれまで今の状態で続いて欲しいことである。

キャラバンカルーセル

・評価:C

・オープン日:2001年9月4日~

・提供:大和ハウス工業株式会社

2層式の豪華なメリーゴーランド。馬以外にもアラビアらしくラクダとかジーニーとか色々いるのが特徴。いくら豪華でもやはりメリーゴーランドなので並んで乗るものではない。かつてはランドのキャッスルカルーセルとともに森永製菓がスポンサーだった。

ジャスミンのフライングカーペット

・評価:B

・オープン日:2011年7月18日~

・提供:NTTコミュニケーションズ株式会社

アラジンでお馴染みの魔法のじゅうたんに乗って空を飛べるダンボと同じタイプのアトラクション。ダンボよりも台数が増えており定員も1台4人になっているので回転率の悪さは改善されている。楽しいのは良いがこのアトラクションは前と後ろでレバーの操作が異なり、上下に動かせるレバーは前にしかない。後ろのレバーは斜めに傾けるだけである。これだけならまだ良いが、相席にされることがあり上下させるとき知らない人が後ろに乗ると正直気をつかうのであまり楽しめない。このシステムだけはディズニーシー1番の失敗だと思う。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

・評価:S

・オープン日:2001年9月4日~

・提供:日本通運株式会社

イッツアスモールワールドのようにボートに乗って進んでいくアトラクション。コンパスオブユアハートという曲が常に流れており私はとても好きな曲。内容も千夜一夜物語を題材としているが原作無視で本来敵キャラの怪獣たちもみんな仲間といった感じ。敵は盗賊だけだがシンドバッドは1人と1匹で圧勝している。チャンドゥという小虎が可愛い。基本的に空いており5分待ちが普通であり、混雑期でも15分待ちぐらいだが、このアトラクションで15分待ちだとパーク内が入場制限レベルで混雑している可能性があるのであまり見たくない待ち時間である。因みに、現在のバージョンは2007年にリニューアルしたもので、旧バージョンは今とは違い原作再現、つまり登場人物のほとんどはシンドバットの敵だった。その為、常に暗い雰囲気で歌もなく、名前もシンドバッド・セブンヴォヤッジだった。ここまで雰囲気が変わったアトラクションも珍しい。なお、このアトラクションの待ち列の一部はジャスミンのフライングカーペットの待ち列に転用されている。

以上でアラビアンコーストは終了です。シンドバッドはもっと評価されるべきアトラクションだと思います。次回は人魚たちの世界、マーメイドラグーンです。それでは👋

 

東京ディズニーシー アトラクション評価 その4

どうもメエプルです。今回は、ロストリバーデルタを評価していきます。ここも2つのアトラクションだけですが、どちらもファストパス対象です。あと狭いので混雑状況によっては動けなくなります。なお、ディズニーシー・トランジットスチーマーラインもこのエリアにありますが、このブログではアメリカンウォーターフロントのアトラクションとして紹介しておりますのでご了承ください。

インディージョーンズ・アドベンチャークリスタルスカルの魔宮

・評価:S

・オープン日:2001年9月4日~

・提供:Panasonic

ファストパス対象

パラマウント映画のインディージョーンズシリーズを元にしたアトラクション。しかしストーリーは完全オリジナルである。ディズニーシーの絶叫マシンの1つだが、他の絶叫マシンと比べるとかなり優しめで時速はたったの23キロである。どちらかというと横揺れが激しい。程よいスリルが楽しめ、演出もランドとは比べ物にならないぐらい本格的であり、12人乗りなので空席ができやすく、シングルライダーにも対応しているので1人ディズニーを楽しむ私にとって完成されたアトラクションである。その為、ディズニーシーで1番好きなアトラクションがこれ。

レイジングスピリッツ

・評価:A

・オープン日:2005年7月21日~

ファストパス対象

東京ディズニーシーで1番最初に追加されたアトラクション。実はディズニーシーの本格的なジェットコースターはこのアトラクションだけ(他はジェットコースターではない絶叫マシン)一応子供向けのジェットコースターが開園当時からあるので初というわけではない。最大の特徴はコースの途中に360°の1回転ループがあることである。このアトラクションもシングルライダーに対応しているが、回転率が良いかと言われると微妙。それでも普通に並ぶよりは早く、ファストパスも取らなくてよいのでやはりシングルライダーは便利である。

以上です。1人ディズニーをする人にとっては天国のような場所ですね。ただ、このエリアは入口からかなり遠い上に坂道が多いのが難点です。次回はアラビアンコーストです。それでは👋

東京ディズニーシー アトラクション評価 その3

どうもメエプルです。今回は、未来のマリーナ、ポートディスカバリーを評価していきます。・・・と言ってもアトラクションは2つしか無いですが・・・

ニモ&フレンズ シーライダー

・評価:S

・オープン日:2017年5月12日~

・提供:JCB

ファストパス対象

ファインディングニモとファインディングドリーの世界をめぐる体感シアタータイプのアトラクション。ランドのスターツアーズと同じシステムだが、子供向けなのであちらよりも動きはおとなしめ。映像は非常に綺麗で動きも合わせて本当に海の中にいる感覚になれる。個人的には好きなアトラクションだが、ある事情によりアンチが多いアトラクションでもある。ある事情の記事は後日書きます。あと映画を見てないと楽しめないかも・・・

アクアトピア

・評価:S

・オープン日:2001年9月4日~

水の上を未来の乗り物で予測不可能な動きを楽しむアトラクション。システムがランドのプーさんのハニーハントと同じものを使っている。乗り場が2か所あり、乗る時もライドが停止しないタイプなので回転率が良い。個人的には海側が好き。夏の間はびしょぬれバージョンというスペシャル版になっており名前の通り濡れる。陸側も濡れるが海側のほうが濡れるので濡れたい人は海側に行こう。なお、プーさんと同じシステムという事は安全装置が作動しやすいというデメリットがある。

以上でポートディスカバリーは終了です。次回はロストリバーデルタです。この後投稿します。それでは👋

東京ディズニーシー アトラクション評価 その2

どうもメエプルです。今回は、アメリカンウォーターフロントです。人気アトラクションもあるこのエリアの評価に移ります。

ディズニーシー・トランジットスチーマーライン

・評価:S

・オープン日:2001年9月4日~

・提供:ENEOS

ディズニーシーの7つの海をめぐる蒸気船。1周コースは7つのテーマポートをめぐるアトラクションだが、片道コースは移動手段としてつかえる。ロストリバーデルタメディテレーニアンハーバーにも船着き場があるが、1周コースはアメリカンウォーターフロントのみである。最近はアメリカンウォーターフロントからもロストリバーデルタへの片道コースになっていることも多いので1周コースは結構レアかもしれない。35周年開催と同日の2018年4月15日にひっそりとリニューアルしており、アナウンスと専用BGMが流れるようになった。

ビッグシティ・ビーグル

・評価:E

・オープン日:2001年9月4日~

アメリカンウォーターフロントをゆったりと走る車。ケープコッドまでの移動手段として使える車もあったがいつの間にか消えた。乗り心地はそこまで良くない。かつては日産自動車がスポンサーに就いていたが撤退しており、現在のスポンサーはいない。かつて東京ディズニーランドで走っていたメインストリート・ビーグルに似ている。

ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ

・評価:A

・オープン日:2001年9月4日~

・提供:株式会社タカラトミー

ディズニーシーを走る電車。ランドのウエスタンリバー鉄道は当時の法律に邪魔されて移動手段として作れなかったが、このアトラクションができた頃にはそのような法律は無くなっており、移動手段として利用できるようになった。アメリカンウォーターフロントポートディスカバリーを結ぶ。アメリカンウォーターフロントから乗ると空いてるがポートディスカバリーから乗ろうとすると結構混雑している。

タートル・トーク

・評価:B

・オープン日:2009年10月1日~

・提供:講談社

アメリカンウォーターフロントの豪華客船S.S.コロンビア号内にあるアトラクション。実はオープンの1年ぐらい前からすでに完成していた。ファインディングニモに登場したウミガメのクラッシュとリアルタイムでお話できるのが特徴。個人的にはランドのスティッチ・エンカウンターよりも好き。2017年5月12日にリニューアルし、ファインディングドリーのキャラクターが登場するようになった。

トイストーリー・マニア!

・評価:A

・オープン日:2012年7月9日~

・提供:花王株式会社

ファストパス対象

東京ディズニーシー内で1、2位を争う超人気アトラクション。内容はランドのバズライトイヤーと同じシューティングゲームのアトラクションだが、バズよりも的に当たったかどうかが映像なので分かりやすい。3Dシアターとライドを融合させたアトラクションはこのアトラクションが最初。ファストパスの無くなるスピードがどのアトラクションよりも早く、朝イチで発券しないとよほどの閑散期じゃない限りファストパスは取れないと思った方が良い。スタンバイでも90分待ちが当たり前であり、正直混みすぎである。オープン当初は500分待ちを叩き出したという伝説を持つ。このアトラクションがオープンして以降、ディズニーシーは子供が増えた気がする。

タワー・オブ・テラー

・評価:B

・オープン日:2006年9月4日~

ファストパス対象

東京ディズニーシー最恐の絶叫マシン。フリーフォールタイプのアトラクションなので垂直落下が最大の特徴。演出は素晴らしいが体験時間が短く、あっという間に終わってしまう。個人的には空いてたりファストパスが取れたら乗る程度。いつも混雑しているので知らない人もいるかもしれないがこのアトラクションも13分待ち表示になることがある。

以上でアメリカンウォーターフロントは終了です。トイマニとタワテラは混みすぎですよ!ホントに・・・それでは👋

東京ディズニーシー アトラクション評価 その1

どうもメエプルです。今回から東京ディズニーシーのアトラクション評価に移ります。どうぞよろしくお願いいたします。それではまずはメディテレーニアンハーバーです。美しい街並みのこのエリアにはどのようなアトラクションがあるのか?なお、ディズニーシートランジットスチーマーラインとディズニーシーエレクトリックレールウェイはアメリカンウォーターフロントのアトラクションとして紹介しますのでご了承ください。

ヴェネツィアン・ゴンドラ

・評価:B

・オープン日:2001年9月4日~

・提供:株式会社ユーハイム

イタリアの名所であるベネチアのゴンドラを催したアトラクション。ほぼ忠実に再現されているので浦安なのにベネチアにいる気分になれる・・・かもしれない。評価のポイントはほぼ雰囲気。

フォートレス・エクスプロレーション

・評価:D

・オープン日:2001年9月4日~

・提供:日本ユニシス株式会社

オープン当初はただの建物で中に入れるぐらいしかやることが無かったが、「レオナルドチャレンジ」という体験型プログラムがいつの間にか始まった。個人的にはスルーすることが多い。

以上でメディテレーニアンハーバーは終了です。次回はアメリカンウォーターフロントです。それでは👋

 

 

東京ディズニーランド 終了アトラクション評価紹介 後編

それでは前回の続きからです。区切った理由はトゥモローランドなので多いんです。何がとは言いませんが。

スカイウェイ

・評価:✖

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:1998年11月3日

・提供:日本通運株式会社

ファンタジーランドトゥモローランドを結んでいたロープウェイ。私が初めてディズニーに来たのは幼稚園の頃で、プーさんができるすこし前。当然このアトラクションは無くなっている。正直、乗ってみたい。跡地はファンタジーランド駅は「プーさんのハニーハント」、トゥモローランド駅は抽選所とスターツアーズのファストパス発券所になっている。

エターナル・シー

・評価:✖

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:1984年9月16日

現在の「スティッチ・エンカウンター」がある場所は長年シアタータイプのアトラクションを上映しており、このアトラクションはそれらの第1号である。まさに知る人ぞ知るアトラクションで、アトラクションの内容が海をテーマにした映画という事ぐらいしか分かっておらず当時のガイドブックでも何故か詳しく紹介されていない為、謎のアトラクションである(一応Wikipediaに詳細は書かれている)因みに、当時は入園券と別にアトラクション毎で利用料金が決まっていたのだが、このアトラクションはEチケットだったらしい。Eチケットは当時の最高額のチケットであり同額のアトラクションにスモールワールドやスペースマウンテンがあるというまさに人気アトラクションの為のチケットだったそうだが、このアトラクションの終了時期を見るに人気は無かったようだ。そりゃあ遊園地なんだから映画よりもジェットコースターだよね・・・

マジック・ジャーニー

・評価:✖

・オープン日:1985年1月17日

・クローズ日:1986年12月1日

「エターナルシー」の跡地にオープンしたアトラクション。パーク初の3Dシアタータイプのアトラクションでもある。内容はまさに3Dを体験するための映画といった感じだが当時としては画期的だったと思う。こちらも運営期間が短いが、不人気というよりは次のアトラクションの為の実験的施設だったのかもしれない。因みに、YouTubeかニコニコか忘れたがこのアトラクションの映像がアップされていた。現在も見れるかは知らない。

キャプテンEO

・評価:B

・オープン日:1987年3月20日

・クローズ日:1996年9月1日

・再オープン日:2010年7月1日

・再クローズ日:2014年6月30日

・提供:JCB

ファストパス対象(再オープン時)

「マジック・ジャーニー」を短期で滅ぼした罪深きアトラクション。しかしそれはマイケルジャクソンが偉大だからこそできた芸でもある。実際、このアトラクションは2010年にディズニーリゾート史上初となる復活したアトラクションである。内容はマイケルジャクソン扮する宇宙飛行士が暗黒の星に立ち向かうスペースミュージカル。全編英語なのに字幕は横に小さく出るだけなので何言ってるかよくわからない。再オープン時にはファストパスが導入され、人気もあったがシアター系の宿命として数年で飽きられ、ファストパスもほとんど発券されなかった。本編は好きだがその前のプレショーは嫌いだった思い出。跡地は「スティッチ・エンカウンター」となり、長年続いたトゥモローランドの3Dシアターはこのアトラクションで幕を閉じた。

ミクロアドベンチャー

・評価:B

・オープン日:1997年4月15日

・クローズ日:2010年5月10日

・提供:JCB

ファストパス対象(2009年4月15日まで)

キャプテンEO」の跡地に誕生した3Dシアタータイプのアトラクション。昔の映画「ミクロキッズ」と「ジャイアントベビー」を題材にしている。前回のキャプテンEOと違いこちらは全編日本語である。内容もスペースミュージカルからドタバタコメディに変更され、明るい雰囲気になった。ネズミが足を通る感覚や水しぶきなど五感に訴えてくるので現在の4Dに近い。私が小学生の頃、向かいのバズに乗れなくてこのアトラクションに入ったのが最初で最後の思い出(当時のバズは今とは比べ物にならないほど混雑していた)ファストパス対象だったがシアターの宿命で数年で飽きられ、対象外になってしまった。ミクロのファストパスは貴重なので持っている人は大切に。因みにこのアトラクション、悲しいことにサイレントクローズである。というのも本来はキャプテンEOは1年限定で公開予定だったのにレギュラー化してしまったのでそのまま戻る事なく終了してしまったからである。マイケルジャクソンは罪深い男だ・・・

マジックカーペット世界一周 サークルビジョン360°

・評価:✖

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:1986年5月5日

・提供:富士フィルム株式会社

バズライトイヤーのアストロブラスター」の場所にあったシアタータイプのアトラクション。こちらもまた運営期間が短い。内容としては自分の周り全てにスクリーンがあるので360°である。そんな内容だからか立ち見だったようだ。このアトラクションもEチケットだった模様。遊園地なんだから休憩できない映画より休憩できる小さな世界やお化け屋敷だろうに・・・

アメリカン・ジャーニー  サークルビジョン360°

・評価:✖

・オープン日:1986年5月17日

・クローズ日:1992年8月31日

・提供:富士フィルム株式会社

「マジックカーペット世界一周」の跡地にオープンしたアトラクション。前回は世界一周だったが今回はアメリカ一周になっている(退化?)どちらかというとオープン日が気になる。改装期間2週間弱ですか・・・立ち見なのは相変わらず。

ビジョナリアム

・評価:✖

・オープン日:1993年4月15日

・クローズ日:2002年9月1日

・提供:富士フィルム株式会社

アメリカンジャーニー」の跡地に誕生したサークルビジョン360°アトラクションだが前回と比べると雰囲気がだいぶ変わった模様。運営期間がそこそこ長いので入ったことのある人も多いかもしれない。やっぱり立ち見だが途中からベンチが追加されたらしい。「バズライトイヤーのアストロブラスター」建設に伴いクローズした。バズはライドタイプのアトラクションなのでサークルビジョン360°のアトラクションはビジョナリアムをもって終了した。

スターケード

・評価:✖

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:2007年11月14日

トゥモローランドにあったゲームセンター。ペニーアーケードと違いこちらは最新ゲームを設置していたがあくまで開園当時の最新ゲームなので末期はレトロゲームの宝庫と化していた。ラインナップはぷよぷよパックマンなどかなり現実的。跡地は隣接するレストラン「トゥモローランド・テラス」の座席になったが入口の部分はスーベニアメダル製造機が設置されている。

グランドサーキット・レースウェイ

・評価:A

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:2017年1月11日

・提供:ブリヂストン(2016年4月15日まで)

トゥモローランドにあったゴーカート。個人的には好きなアトラクションだったが無くなりそうな雰囲気はあったので仕方ないかなというのが正直な所。別にこれといった特徴もないゴーカートだったので混雑しているときはスルーしていた。トゥーンタウン建設の際にコースが短くなった過去がある。またスポンサーのブリヂストンとは長い付き合いだったがクローズするより前に撤退してしまった。ファンタジーランド拡張計画に伴いクローズした。

スタージェット

・評価:D

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:2017年10月10日

・提供:日本航空

トゥモローランドに昔っからあったアトラクション。ファンタジーランド拡張計画に伴いクローズしたが、場所的にトゥモローランドトゥーンタウンの新施設になると思われる。おっそいエレベーターで乗り場に向かうのでダンボ以上に回転率が悪かったと思う。終了後、スポンサーの日本航空はミッキーのフィルハーマジックに移動した。最終日はある意味伝説を作ったアトラクションでもある。可哀想に・・・

ミート・ザ・ワールド

・評価:✖

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:2002年6月30日

・提供:松下電器(現Panasonic 1989年7月頃まで)

日本の歴史を紹介していたディズニー要素が全くないアトラクション。まあ、ディズニー制作だが・・・シアタータイプのアトラクションだが座席が回転して次の劇場に移ったり、映像だけでなくロボットも登場しているなどかなりお金が掛けられていたようだそんな当時としてはハイクオリティなのに無料で入れたアトラクションなんだからまた凄いという色んな意味で異質なアトラクションだった。ただし、かなり不人気だったので休憩に立ち寄る人しかいなかった模様。最後に現代の映像が映し出されるが開園当時の現代なのでまあ古い。残念ながら不人気を脱却することは出来ず6年目でスポンサーに逃げられ2002年6月30日でクローズした。跡地はしばらくの間、抽選所として使用されていたが2007年頃に解体され、2009年同じ場所に「モンスターズインクライド&ゴーシーク」がオープンした。

以上です。いやあ長かった・・・さて皆さん、ディズニーランドの紹介はここで一旦終了です。次はディズニーシーのアトラクション評価に移ります。それでは👋

 

 

東京ディズニーランド 終了アトラクション紹介評価 前編

どうもメエプルです。今回は、これまで終了していったアトラクションを紹介しつつ評価していきます。評価するアトラクションは私が実際に乗ったことのあるアトラクションはS~Eで、乗っていないアトラクションは✖で評価します。それではどうぞ。

メインストリート・シネマ

・評価:✖

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:2002年10月20日

ワールドバザールにあった映画館。座席は一切なかった。6本の映画が同時上映されておりミッキーなどの短編映画が絶え間なく上演されていた。立ち見というのが一番の低評価ポイントになりそう・・・それに現代ならYouTubeとかで簡単にミッキーの短編が見れてしまうので需要は無いと思う。現在、跡地はショップ「グランドエンポーリアム」の一部になっている。

メインストリート・ビーグル:ファイアーエンジン

・評価:✖

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:不明

ワールドバザールのプラザを走っていた車。移動手段として利用できたらしい。いつの間にかクローズしていた。

メインストリート・ビーグル:ホースレスギャリッジ

・評価:✖

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:不明

ファイアーエンジンとほぼ同じ役割を持つ車。いつの間にかクローズしていた。因みに、ディズニーシーにファイアーエンジンとともに引っ越したらしいが現在は廃車だそうだ。

ディズニーギャラリー

・評価:E

・オープン日:1993年4月15日

・クローズ日:2016年9月30日

簡単に言えばワールドバザールにあったディズニーの美術館。オープン当時は企画展を色々やっていたそうだが途中からやらなくなったらしい。後期ではドローイングクラスという絵描き教室が開かれていたが私はやったことない。新ショップ「ビビディ・バビディ・ブティック」オープンに伴い、クローズした。一度だけ入ったことがあるが普通の美術館だった。

シンデレラ城ミステリーツアー

・評価:B

・オープン日:1986年7月11日

・クローズ日:2006年4月5日

キャストと共に十数人のグループでシンデレラ城の中を探検するアトラクション。初めて体験したのはクローズ間際の頃で、当時小学生だった私でも結構楽しめた。今でもファンの多いアトラクションで復活を望む声は多いが、大人の事情がややこしすぎるので復活は無いと思う。耐震補強工事の影響でクローズしたという噂がある。

ミッキーマウス・レビュー

・評価:A

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:2009年5月25日

フロリダのマジックキングダムにあったアトラクションを日本に移設したもの。その為プレショーで流れる映像は70年代初期の物だった。ファンは多いが普通に空いていたためパーク内で見れば明らかに不人気アトラクションだったと思う。登場キャラクターはウォルトが関わった作品が中心でミッキーの声はウォルト本人だそうだ。私的には、ドナルドの声に驚いた。なんせいつもの声と全く違うのだから。跡地には「ミッキーのフィルハーマジック」がオープンしている。ミッキーの演奏会という共通点があるのでリニューアルととらえても良いかもしれない。因みに、講談社がスポンサーに就いていたがいつの間にかトゥーンタウンに移った。

ジョリートロリー

・評価:C

・オープン日:1996年4月15日

・クローズ日:2009年4月14日

トゥーンタウンのシンボル的アトラクション・・・だったがクローズした。人ごみの中を走る路面電車だがかなり遅い。まあ、猛スピードで走ったら死人がでるが・・・オープン当時はよかったかもしれないが現在の混雑度を考えると安全を確保するのが難しくなってきたのかもしれない。一応、車両自体はフォトロケーションとして現在も設置されている。

グーフィーのはずむ家

・評価:✖

・オープン日:1996年4月15日

・クローズ日:2009年8月7日

グーフィーの家にあった子供の遊び場。家の中がトランポリンのようになっており周りの家具なども柔らかかったのでぶつかっても痛くない。このアトラクションは事前告知無しで突然クローズしたアトラクションでもある。元々定期点検で休止し、そのまま終了するパターンはこのアトラクションが初。終了理由は不明だがこちらも安全上の問題があったと思われる。家具にぶつかっても平気だけど子供同士がぶつかったら?

後編へ続く・・・