東京ディズニーランド アトラクション評価 その1

どうも、東京ディズニーランドを年パスで通いまくっているメエプルです。

今回は、東京ディズニーランドのアトラクションを1つずつ評価していきたいと思います。それではまずはワールドバザールから・・・

因みにS~Eの評価で付けます。(Sが最高評価でEが最低評価)

ワールドバザール

オムニバス 

・オープン日:1983年4月15日~

・評価:D

ワールドバザールにある唯一の乗り物系アトラクション。ゆったりとしたスピードでプラザを1周する。ルートの関係上、パレード前後は運行を休止している。正直な話、このアトラクションは影が薄い。その理由としては乗り場が分かりにくい事と混雑している時期は運行自体していないこともある事、日没とともに終了する事からゲストの目に入りにくいのが人気のない理由だと思われる。実際、私もあまりこのアトラクションには乗らないです。

ペニーアーケード 

・オープン日:1983年4月15日~

・評価:C

ワールドバザールにある古いゲームコーナー。設置機種は19世紀頃に稼働していたレトロすぎるゲーム機が中心。さりげなくクレーンゲームもある。因みに、現在ではお馴染みのスーベニアメダルはこのペニーアーケードから始まった。あと2007年頃まではもう少し広かった。

今回は、ここまでです。次回は冒険の国、アドベンチャーランドです。