東京ディズニーランド アトラクション評価 その5

どうもメエプルです。今回は、幸せなエリアであるファンタジーランドを評価していきます。可愛いだけじゃないアトラクションがあるのもこのエリアの特徴です。そして前回のクリッターカントリーと異なり最もアトラクションが多いエリアでもあります。それではどうぞ。

キャッスルカルーセル

・評価:C

・オープン日:1983年4月15日~

ディズニーランドの歴史を語る上で外せないアトラクション。ウォルトが娘の為に全て白馬にした話は有名である。正直な話、ウォルトには悪いが、ただのメリーゴーランドなので並んで乗るものではない。

シンデレラのフェアリーテイルホール

・評価:D

・オープン日:2011年4月15日~

シンデレラ城の中に入れるアトラクション。綺麗だがそれだけ。時期によっては結構早くラインカットされるので要注意。

空飛ぶダンボ

・評価:D

・オープン日:1983年4月15日~

ダンボに乗ってくるくる空中を回る遊園地でお馴染みのタイプのアトラクション。面白いアトラクションだが評価が低い理由は、回転率がかなり悪く、内容の割に結構混雑してしまうのが低評価の理由。私も基本的にこのアトラクションはスルーすることが多いが、雨の日はかなり空くのでその時は乗る。空いてたら是非乗るべし。

ピーターパン空の旅

・評価:B

・オープン日:1983年4月15日~

・提供:NTTコミュニケーションズ株式会社

空飛ぶ海賊船に乗ってピーターパンの世界をめぐるアトラクション。空を飛んで進むので上から見下ろす感じで物語が進んでいく。本来ならSを付けたいところだがダンボと同じく回転率がかなり悪いので評価を下げざるを得なかった。でも並ぶ価値はある。

白雪姫と七人のこびと

・評価:C

・オープン日:1983年4月15日~

白雪姫の世界をめぐるアトラクション。子供が楽しめそうなアトラクションだが展開が速いのであっという間に終わってしまう。・・・これだけならまだ良いが、このアトラクションは終始暗い雰囲気で進んでいき怖い魔女があちこちに出現する。さらにラストでは魔女がゲストに向かって岩を落とそうとしてくる所で終わってしまうので後味の悪いアトラクションでもある。この内容なので子連れの方は気を付けるように。白雪姫も1回しか出てこないし・・・

ピノキオの冒険旅行

・評価:B

・オープン日:1983年4月15日~

ピノキオの世界をめぐるアトラクション。かなり展開が早い。待ち時間は短めなので乗ってみてもいいかもしれない。実は、世界で1番最初に誕生したピノキオの冒険旅行でもある。

アリスのティーパーティ

・評価:C

・オープン日:1986年3月8日~

ただのコーヒーカップだが、ほかの遊園地のより回転スピードが速い・・・と思う。さりげなく後発組であり、オープン当時は現在のプーさんのハニーハントの場所に存在していた。かつては三井ホーム株式会社がスポンサーに就いていたが撤退しており現在はいない。

ミッキーのフィルハーマジック

・評価:S

・オープン日:2011年1月24日~

・提供:日本航空

3Dシアタータイプのアトラクション。タイトルに反してミッキーはあまり出てこない代わりにドナルドが一杯出てくる。つまり主役はドナルドである。ドナルドがディズニーの世界を巡る。巡る作品はリトルマーメイド以降の平成の作品がメイン(ピーターパンは例外)見たことがないなら必ず見るべきアトラクション。ディズニーが好きなら感動するはず。

プーさんのハニーハント

・評価:A

・オープン日:2000年9月1日~

ファストパス対象

ハニーポッドと呼ばれるレールなしで動く乗り物に乗ってくまのプーさんの世界をめぐるアトラクション。平成に開発されたこともあり、ピノキオや白雪姫よりも格段にクオリティが上がっている。プーさんが人気なのもあって終日混雑しているアトラクションでありファストパスを使ってスムーズに乗りたいが、ファストパス自体は朝の段階で無くなってしまうこともあるので要注意。システムがデリケートな為、安全装置が作動しやすく、一度システムがダウンすると復旧までに時間がかかるのが難点だが、復旧直後を狙えば待ち時間無しで乗れる事もあるので復旧を近くで待ってみるのもあり。

ホーンテッドマンション

・評価:S

・オープン日:1983年4月15日~

ファストパス対象

999人の亡霊が住む屋敷を黒い椅子に乗ってゆっくり進むアトラクション。要するに遊園地の定番であるお化け屋敷だが、そんなに怖くない(白雪姫の方が怖い)。最新技術が使われていそうだが仕組み自体は割と原始的で、どちらかといえば錯覚を利用した仕掛けが多い。家でも真似できる仕掛けもあるので実験してみるのも面白い(半透明の幽霊など家でも出来る)ファストパス対象だが通常はそこまで混んでおらず、13分待ちが目立つ(実質5分)がハロウィンが始まるとこのアトラクションはホリデーナイトメアというスペシャル版に変わる。このバージョンは人気が高くハロウィン自体が混雑することもありファストパス必須かもしれない。私はハロウィンの方が好きだが通常版は空いているので要約するとどちらも最高。因みに、セコムがスポンサーに就いていたことがあるがすぐに撤退してしまった。幽霊にセキュリティはいらないと言う事か・・・

イッツ・ア・スモールワールド

・評価:S

・オープン日:1983年4月15日~

・提供:日本通運株式会社

ファストパス対象(期間限定)

35周年と同時に全面リニューアルしたご存知、世界一幸せなアトラクション。ボートに乗って「小さな世界」を歌う子供たちの世界をめぐる。非常に回転率が良く、混雑しにくいアトラクションだったが、リニューアルしたこともあり最近はそこそこ待たされる(表示時間よりは早く乗れることが多い)リニューアルによりディズニーキャラクターが約40体追加された。アナ雪やモアナ、メリダなど海外にはいないキャラクターがいるので探してみると楽しいと思う。現在、期間限定でファストパスに対応している。最近は空いてる日は発券しない事も多い為、そろそろ廃止されるかもしれない(夏休みの様子を見て今後を決めると思われる)かつてはデパートのそごうがスポンサーであり、そごう各店舗にもこのアトラクションを催したからくり時計があったが撤退とともにからくり時計も終了した。私がディズニーランドに来たら必ず乗るアトラクションの1つ。

以上でファンタジーランドは終了です。意外と子供には怖いアトラクションもあるファンタジーランドですがそれ以上に楽しい場所です。スモールワールド、ホーンテッドマンション、フィルハーマジック、プーさんは個人的にファンタジーランド四天王です。次回はギャグと笑いの町、トゥーンタウンです。トゥーンタウンはアトラクションが少ないのでこの後投稿します。それでは👋