東京ディズニーランド 終了アトラクション評価紹介 後編

それでは前回の続きからです。区切った理由はトゥモローランドなので多いんです。何がとは言いませんが。

スカイウェイ

・評価:✖

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:1998年11月3日

・提供:日本通運株式会社

ファンタジーランドトゥモローランドを結んでいたロープウェイ。私が初めてディズニーに来たのは幼稚園の頃で、プーさんができるすこし前。当然このアトラクションは無くなっている。正直、乗ってみたい。跡地はファンタジーランド駅は「プーさんのハニーハント」、トゥモローランド駅は抽選所とスターツアーズのファストパス発券所になっている。

エターナル・シー

・評価:✖

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:1984年9月16日

現在の「スティッチ・エンカウンター」がある場所は長年シアタータイプのアトラクションを上映しており、このアトラクションはそれらの第1号である。まさに知る人ぞ知るアトラクションで、アトラクションの内容が海をテーマにした映画という事ぐらいしか分かっておらず当時のガイドブックでも何故か詳しく紹介されていない為、謎のアトラクションである(一応Wikipediaに詳細は書かれている)因みに、当時は入園券と別にアトラクション毎で利用料金が決まっていたのだが、このアトラクションはEチケットだったらしい。Eチケットは当時の最高額のチケットであり同額のアトラクションにスモールワールドやスペースマウンテンがあるというまさに人気アトラクションの為のチケットだったそうだが、このアトラクションの終了時期を見るに人気は無かったようだ。そりゃあ遊園地なんだから映画よりもジェットコースターだよね・・・

マジック・ジャーニー

・評価:✖

・オープン日:1985年1月17日

・クローズ日:1986年12月1日

「エターナルシー」の跡地にオープンしたアトラクション。パーク初の3Dシアタータイプのアトラクションでもある。内容はまさに3Dを体験するための映画といった感じだが当時としては画期的だったと思う。こちらも運営期間が短いが、不人気というよりは次のアトラクションの為の実験的施設だったのかもしれない。因みに、YouTubeかニコニコか忘れたがこのアトラクションの映像がアップされていた。現在も見れるかは知らない。

キャプテンEO

・評価:B

・オープン日:1987年3月20日

・クローズ日:1996年9月1日

・再オープン日:2010年7月1日

・再クローズ日:2014年6月30日

・提供:JCB

ファストパス対象(再オープン時)

「マジック・ジャーニー」を短期で滅ぼした罪深きアトラクション。しかしそれはマイケルジャクソンが偉大だからこそできた芸でもある。実際、このアトラクションは2010年にディズニーリゾート史上初となる復活したアトラクションである。内容はマイケルジャクソン扮する宇宙飛行士が暗黒の星に立ち向かうスペースミュージカル。全編英語なのに字幕は横に小さく出るだけなので何言ってるかよくわからない。再オープン時にはファストパスが導入され、人気もあったがシアター系の宿命として数年で飽きられ、ファストパスもほとんど発券されなかった。本編は好きだがその前のプレショーは嫌いだった思い出。跡地は「スティッチ・エンカウンター」となり、長年続いたトゥモローランドの3Dシアターはこのアトラクションで幕を閉じた。

ミクロアドベンチャー

・評価:B

・オープン日:1997年4月15日

・クローズ日:2010年5月10日

・提供:JCB

ファストパス対象(2009年4月15日まで)

キャプテンEO」の跡地に誕生した3Dシアタータイプのアトラクション。昔の映画「ミクロキッズ」と「ジャイアントベビー」を題材にしている。前回のキャプテンEOと違いこちらは全編日本語である。内容もスペースミュージカルからドタバタコメディに変更され、明るい雰囲気になった。ネズミが足を通る感覚や水しぶきなど五感に訴えてくるので現在の4Dに近い。私が小学生の頃、向かいのバズに乗れなくてこのアトラクションに入ったのが最初で最後の思い出(当時のバズは今とは比べ物にならないほど混雑していた)ファストパス対象だったがシアターの宿命で数年で飽きられ、対象外になってしまった。ミクロのファストパスは貴重なので持っている人は大切に。因みにこのアトラクション、悲しいことにサイレントクローズである。というのも本来はキャプテンEOは1年限定で公開予定だったのにレギュラー化してしまったのでそのまま戻る事なく終了してしまったからである。マイケルジャクソンは罪深い男だ・・・

マジックカーペット世界一周 サークルビジョン360°

・評価:✖

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:1986年5月5日

・提供:富士フィルム株式会社

バズライトイヤーのアストロブラスター」の場所にあったシアタータイプのアトラクション。こちらもまた運営期間が短い。内容としては自分の周り全てにスクリーンがあるので360°である。そんな内容だからか立ち見だったようだ。このアトラクションもEチケットだった模様。遊園地なんだから休憩できない映画より休憩できる小さな世界やお化け屋敷だろうに・・・

アメリカン・ジャーニー  サークルビジョン360°

・評価:✖

・オープン日:1986年5月17日

・クローズ日:1992年8月31日

・提供:富士フィルム株式会社

「マジックカーペット世界一周」の跡地にオープンしたアトラクション。前回は世界一周だったが今回はアメリカ一周になっている(退化?)どちらかというとオープン日が気になる。改装期間2週間弱ですか・・・立ち見なのは相変わらず。

ビジョナリアム

・評価:✖

・オープン日:1993年4月15日

・クローズ日:2002年9月1日

・提供:富士フィルム株式会社

アメリカンジャーニー」の跡地に誕生したサークルビジョン360°アトラクションだが前回と比べると雰囲気がだいぶ変わった模様。運営期間がそこそこ長いので入ったことのある人も多いかもしれない。やっぱり立ち見だが途中からベンチが追加されたらしい。「バズライトイヤーのアストロブラスター」建設に伴いクローズした。バズはライドタイプのアトラクションなのでサークルビジョン360°のアトラクションはビジョナリアムをもって終了した。

スターケード

・評価:✖

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:2007年11月14日

トゥモローランドにあったゲームセンター。ペニーアーケードと違いこちらは最新ゲームを設置していたがあくまで開園当時の最新ゲームなので末期はレトロゲームの宝庫と化していた。ラインナップはぷよぷよパックマンなどかなり現実的。跡地は隣接するレストラン「トゥモローランド・テラス」の座席になったが入口の部分はスーベニアメダル製造機が設置されている。

グランドサーキット・レースウェイ

・評価:A

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:2017年1月11日

・提供:ブリヂストン(2016年4月15日まで)

トゥモローランドにあったゴーカート。個人的には好きなアトラクションだったが無くなりそうな雰囲気はあったので仕方ないかなというのが正直な所。別にこれといった特徴もないゴーカートだったので混雑しているときはスルーしていた。トゥーンタウン建設の際にコースが短くなった過去がある。またスポンサーのブリヂストンとは長い付き合いだったがクローズするより前に撤退してしまった。ファンタジーランド拡張計画に伴いクローズした。

スタージェット

・評価:D

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:2017年10月10日

・提供:日本航空

トゥモローランドに昔っからあったアトラクション。ファンタジーランド拡張計画に伴いクローズしたが、場所的にトゥモローランドトゥーンタウンの新施設になると思われる。おっそいエレベーターで乗り場に向かうのでダンボ以上に回転率が悪かったと思う。終了後、スポンサーの日本航空はミッキーのフィルハーマジックに移動した。最終日はある意味伝説を作ったアトラクションでもある。可哀想に・・・

ミート・ザ・ワールド

・評価:✖

・オープン日:1983年4月15日

・クローズ日:2002年6月30日

・提供:松下電器(現Panasonic 1989年7月頃まで)

日本の歴史を紹介していたディズニー要素が全くないアトラクション。まあ、ディズニー制作だが・・・シアタータイプのアトラクションだが座席が回転して次の劇場に移ったり、映像だけでなくロボットも登場しているなどかなりお金が掛けられていたようだそんな当時としてはハイクオリティなのに無料で入れたアトラクションなんだからまた凄いという色んな意味で異質なアトラクションだった。ただし、かなり不人気だったので休憩に立ち寄る人しかいなかった模様。最後に現代の映像が映し出されるが開園当時の現代なのでまあ古い。残念ながら不人気を脱却することは出来ず6年目でスポンサーに逃げられ2002年6月30日でクローズした。跡地はしばらくの間、抽選所として使用されていたが2007年頃に解体され、2009年同じ場所に「モンスターズインクライド&ゴーシーク」がオープンした。

以上です。いやあ長かった・・・さて皆さん、ディズニーランドの紹介はここで一旦終了です。次はディズニーシーのアトラクション評価に移ります。それでは👋